gk-tとは?

税理士バッジ

当サイトでは、”良識(Good sense)”と”知識(Knowledge)”を兼ね備えた税理士(Tax accountant)の探し方・選び方を掘り下げていきます。

税理士の探し方・選び方はこれが駄目ということはないでしょう。

ただ、やはり、得意分野というものが あるでしょうし、
経験が豊富か?最新の税法に目を常に向けているか?
勉強会に足しげく通っているか? また、講演をすることで
末端からの意見を吸い上げているか?など選ぶ基準を見出すことは
可能ではないかと 思われます。

また、「税理士」といっても会計士がサブでやるものもあるし、
税務署上がりの方もいらっしゃるので、まずはこのあたりで大きく
切り分けてもいいかもしれません。

知人の紹介などが多いかもしれませんが、
上記のことをヒアリング してから、選んでもよいのではとおもいます。

たとえば不動産所有者のクライアントの税務の経験が豊富であれば、
同じカテゴリーの 方は指標になるはずです。

おすすめの税理士紹介サイト

税務署OB組

税務署

税務署に何十年か勤めると、比較的簡単な試験で税理士になれます。税務署に顔が利く、という人もいないわけでもないですが、OB組全員が力があるわけでもなさそうです。

公認会計士組

公認会計士バッジ

公認会計士は税理士会に
登録すれば税理士業務を行う
ことができます。
公認会計士試験も難関試験ですが、税法試験科目が少ない
ため、一般には税務実務を
知らないと言われています。

試験組

合格通知書

税理士試験は難関試験であり、
最終合格率は5%以下といわれています。
5科目の試験に合格した人を試験組といいます。
一般的には、税法には詳しいです。